浦和フットボール通信

MENU

「レッズ2012月刊ライブディスカッション」Vol.3

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2012月刊ライブディスカッション」。開幕からリーグ戦10試合が経過。ここまで4位につけ、まずまずの結果が出ている、浦和レッズは、現在どのような状況なのか。お話をお訊きしました。(浦和フットボール通信編集部)

椛沢:リーグ戦10試合が終わって5勝2分3敗の4位(14得点11失点)です。ここまでは予想以上の結果が出ていると言って良いのではないでしょうか?

河合:けっして圧倒的な強さで勝ったり、引き分けているわけではないけれども、ミシャのサッカーがすごく浸透してきていることとチーム全体が一丸となって同じ方向をしっかりと向いていることが大きいと思います。前回のライブディスカッションで、まだレッズのサッカーは、つぼみでこれから花が咲くよという話をしましたけど、やっとそのつぼみが膨らんできている最中と思う。

椛沢:つぼみが開くための要素、課題はどこでしょうか?

河合:現状での課題がはっきりしてきている。まずは、ゲームの入り方。嫌な時間に失点をしているよね。ゲームの入り方が悪いので、チーム内でも、まず最初はしっかり行こうぜという話はしていると思うのですが、繰り返している。ただ、連敗をしていないのは大きい。ミシャ監督は「必ず敗戦から学ぶことは大きい」という話をしています。敗戦から学んだことを次のゲームに活かすことが出来なければ意味が無い。次のゲームで活かしていく安定感まではないので、同じことが起きてしまったりしているのではないかな。もうひとつは引いた相手をどう崩すか。もうひとつは自分達が攻めている時に簡単にボールを失って、ショートカウンターのような形で、3バックと、平川選手、梅崎選手のサイドハーフの裏のバイタルエリアを使われてしまう。戻りきれない時にどうするのか。チャレンジして縦パスが入らない時にセカンドが拾えないと苦しくなるけれども、なぜセカンドが拾えないのかということをゲームの流れの中で選手達が考えて修正しながら動けるとミシャサッカーは完成をしていく。そこはまだまだの部分ですね。セットプレイで失点をしてしまうのも課題。ミシャさんは、セットプレイは選手達の集中の部分で、人対人の問題なので、崩されているわけではないから、大きな問題ではないと言っています。

Photo by(C) Kazuyoshi Shimizu

(残り 5566文字/全文: 6575文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ