浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク拡大版 Vol.88(5/18)

新潟戦、ナビ川崎戦とマンチェスター優勝争いからフットボールクラブの魅力づくりを考える。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、ホーム埼玉スタジアムで、アルビレックス新潟戦でした。引いた相手に対してどう崩すかがテーマになるであろうという話をしましたが、まさにその課題を突きつけられた試合となりました。前半早々にマルシオが先制点を決めて、良い試合の入り方をしましたが、点を奪った後に受け身に回ってしまう姿勢はこれまでも課題としてありましたが、この試合でもその展開になった。相手にペースを奪われてスローインからのリスタートから、また失点をしてしまいました。この失点パターンも継続的な課題の部分です。同点に追いつかれたことで、引き分けでも良しとする新潟がラインをしっかり引き、レッズは勝ち越し点を奪うことが出来ずに引き分けに終わってしまいました。

豊田:ワントップとして先鋒を任された原口の逸機が残念でした。特にゲームへの入りに成功して先制した後の22分、右サイドでマルシオ・リシャルデスとのワンツーから抜け出してサイドネットに当ててしまった場面。あれはトレーニング段階から想定していたコンビネーションだったろうに残念ですね。決めていればゲームの流れは一気に決していた可能性がある。66分、78分にもそれぞれ今季のレッズには見られなかった展開から元気にビッグチャンスが訪れたのですが……。彼のワントップは膠着を打破するためのミシャ監督が描いた「引き出し」のひとつのはず。元気ばかりでなく、こういう戦術選択のチョイスを成果に結びつける強さと意志を全員で共有していかないと上位争いに勝ち残るのは厳しいと思います。

椛沢:勝利を求めるスタジアムの雰囲気とは裏腹に終盤はシュートを打つことも出来ずに、後味の悪い引き分けとなってしまいました。

豊田:ハーフタイム時点で当面の視界に入る上位のうち、広島が横浜に敗れて清水はセレッソ大阪にリードされていた。客席は期待が広がる情況だったのですが……。70分あたりに波状攻撃で新潟を押し込む場面がありましたが、この時点以降はショートカウンターのチャンスを取っても浦和はゴール前の枚数が足りなくなっていた。柏木と槙野が献身的な動きとムードメイクで勝ち越しの気運を盛り上げていましたが、どんな時も自軍を停滞させないリーダーシップとか、ミシャが言うところの「トライするプレー」が出せなければこういう展開の打開は今後も苦しくなるでしょう。

椛沢:ホームで見せる姿勢としても、あまり良くないものだったと思います。ようやく晴れたホームゲームでも31,818人しか来場がないということも、これからどう魅力を創り上げていかなければいけないのか、考えなければいけない試合となったのではないでしょうか。

豊田:先日、長年シーズンチケットの保持を続けているサポーター仲間と話したのですが、最近は「レッズ戦、行ってみたいのですが?」というリクエストが死語になってしまった感があります。彼も自営業で社員用に複数席を確保してあるが、そこを確実に埋めるアタマ数が減ってきてしまったと……。私も事務所用の席を持っているのですが、私とスタッフ以外のファンに入場券をプレゼントする機会がめっきり減りましたね(苦笑)。彼も言っていましたが、レッズへの愛着や知人に観戦機会を持って欲しいという願いがあるからシーチケは手放せない。でもその保有席数さえ埋まらないくらいに需要が低下して来ている……非常に残念なのですが、そういう情況は指定席エリアでは確かに見られるようです。

椛沢:観客動員数の減少は抑えが効かない状況ですね。豊田さんの話の通り、人が人を呼ぶというところで、サポーターがレッズの魅力を伝え、そして伝播していくことでの拡がりがあったと思いますが、これが近年はなくなってしまっているのだと思います。もちろんこれに応えるクラブの頑張りが必須ですが、我々サポーターもレッズの魅力作りに関わると共に、魅力を伝えていくこともしないといけないのだと思います。スタンドが空く試合は増えていますが、少数精鋭になったがための雰囲気の良さ、一体感が逆にあったりもします。その魅力をさらに持ち上げていきたいですね。
さて、第2回の浦和タウンミーティングでもこの辺りの集客に関する話題も出ましたが、浦和レッズというクラブだけの問題と考えずに、地域における存在としてクラブがどうこの街に在るべきなのかを考えて、どう存在価値を高めるかということが今後求められてくるのではないかと感じた会でした。

豊田:後日に特集も組みたいのですが、畑中事業本部長からは「クラブライセンス制度」に対する見解談話も出ていましたね。すなわち、根本的なJリーグ理念をどう捉えてレッズは「020」からのスタートを切るのか……。昨季の低迷時期にはクラブメッセージの場が公式ホームページだけになり、ひたすら「ご来場と応援をよろしく」とくり返すサイクルに陥った事態を考えれば、クラブとホーム浦和の双方が真剣に取り組まなければならないテーマと思います。

椛沢:クラブライセンスは、リーグ主導で各クラブの理念、経営、環境などについて向上させる狙いがあると思います。これによって苦しい状況になると考えるのではなく、これに最低限、対応が出来なければ今後のクラブ経営は厳しくなると捉えて、努力をする必要があると思います。Jリーグが開幕して20年が経ち、親会社におんぶに抱っこの経営は、通用していかなくなるでしょう。Jリーグの理念である「地域密着」の理念を真剣に考えていく時代が来るのではないでしょうか。

(残り 2399文字/全文: 4723文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ