浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.91拡大版(6/8)

レッズが、浦和であるべき姿を考え、ワールドカップ最終予選、ナビスコ鳥栖戦を振り返る。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

豊田:ワールドカップ予選・ヨルダン戦、テレビ観戦ですが日本の2勝目を見とどけました。ハットトリックを記録した本田圭佑や香川真司ら代表主力組の決定力はさすがと思います。点差も開いたのでレッズ現状に重ね合わせて観たのですが、ザック・ジャパン中盤の柔軟なポゼッションや個々の駒から出てくるパススピードは印象に残りました。

椛沢:予想とは裏腹に完勝でしたね。相手が早い時間で退場となり数的優位な中での試合ともなり、危なげない試合でした。狭いエリアでも中央突破のパスでこじ開ける強さは、アジアのバルサですね(笑)レッズでもあんな展開が見たいとおもったシーンでした。欧州で活躍する選手が増えて、本当に今までの代表にはないくらいの自信をもってプレーしているのが逞しさを感じますね。

豊田:私たちの見どころは自然とキャプテンの長谷部誠選手や川島永嗣選手のプレーに行くのですが、いかにも“余裕”のゲーム展開。最終予選らしい緊迫した場面での彼らの活躍ぶりは、次の宿敵オーストラリア戦以降の楽しみに取っておきましょう。

椛沢:初戦となったオマーン戦も埼玉スタジアムでの開催でした。試合は本田が長友のクロスを綺麗に合わせて早い時間の先制点を奪えたことで、余裕が持てる試合展開で3-0の快勝。終わってみればオマーンにシュートを一本も打たせない快勝劇でした。オマーン代表のGKアル・ハブシはプレミアリーグ・ヴィガンの正GKを務めているプレイヤーということだけあって、決定的なシーンを何度も防いでいましたが、それ以外の部分では日本代表と力の差がはっきり出た試合と言って良いのではないでしょうか。で、注目すべきは入場者数。埼玉スタジアム開業以来最多の63,551人です。最終予選ということもあって、注目の高さを示す人数でした。

豊田:さっそくサポーター仲間のあいだでも話題になりました。更新されてしまったことは悔しい。ただ動員数だけでは測れない場の雰囲気やコールの威圧感、そしてゴール裏メンバーの平均年齢とかではね(笑)、いまだ我々が作った埼玉スタジアムは塗り替えられてはいないと。

椛沢:最多人数ではありましたが、雰囲気は、我々が作る埼スタの雰囲気には及ばないものですね。

豊田:浦和フットボール通信も浦和レッズというクラブとホームタウンを深く結びつける活動を始めたばかりです。J2から這い上がり、ひたすら皆でいつの日にか……と念じ続けた“あの頃”のハングリー精神を甦らせるということだと思う。

(残り 1984文字/全文: 3085文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ