浦和フットボール通信

MENU

「レッズ2012月刊ライブディスカッション」Vol.4前編

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2012月刊ライブディスカッション」。前半戦を終了して、進歩の過程と課題もはっきりしてきた所で、つかの間の中断期間に入り、浦和レッズは、現在どのような状況なのか。お話をお訊きしました。(浦和フットボール通信編集部)

Photo by(C)Kazuyoshi Shimizu

椛沢:ここまでの試合を見ても課題がはっきりしていると思います。同じような失点シーンが目につきます。ひとつは、得点をした後に、失点をする展開が多い。もうひとつは、セットプレイでの失点が多い。この2つの部分の課題がなかなか改善されず、鳥栖戦ではその2つで予選敗退に繋がる試合になってしまいました。これは目指しているサッカーとは別のベクトルの問題なのでは?

河合:鳥栖戦も同点弾を決めた後に、同点に追いついたら逆転を狙えるリズムなはずなのに、逆に受けに入ったことで、逆に相手に逆転を狙いに来られて決められてしまった。

椛沢:得点をした後に、受けに入ってしまう姿勢が今季はずっとあるような気がします。清水戦でも点を決めた後に10人相手の清水に押し込まれましたが、1点を守りきれました。FC東京戦では、終了間際の値千金のマルシオのゴールを決めながらもセットプレイからすぐに追いつかれてしまいました。

河合:そういう意味では、同じ形が続いていますね。良い流れの時間帯と悪い流れの時間帯で、悪い時にどう変えていくのか。選手交代で流れを変えるという手もある。昔で言えば苦しい時間帯で、岡野さんを入れて岡野さんを走らせて流れを変えるということがあった。今は、守ってカウンターというチームではないから、同じことは言えないと思いますけどね。

(残り 2457文字/全文: 3197文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ