浦和フットボール通信

MENU

「浦和の子、その育成の指針。」町田隆治インタビュー

 第1回タウンミーティングにおける橋本光夫代表コメントにも示された通り、浦和レッズとホームタウンが連携をとるジュニア年代の育成が模索されている。歴史を遡れば、浦和とレッズがJのスタート地点について以来のテーマと言えよう。地元ファンにとっては長きにわたって“残されてきた課題”が、レッズの「ホーム浦和への原点回帰」の発声によって大きな分岐点に差しかかっている。 浦和フットボール通信編集部

町田隆治(まちだ・たかはる) プロフィール
1964年旧浦和市生まれ。日大豊山高校、本太クラブ(埼玉県社会人リーグ)でFWとして活躍。浦和別所サッカー少年団、浦和トレセン、埼玉県南部トレセン、FC浦和コーチを歴任後、2008年にFC浦和監督に就任し、同チームを6年ぶり4回目の全国制覇に導いた。現在は、さいたま市浦和サッカー少年団指導者協議会 技術委員会副委員長、浦和別所サッカー少年団ではヘッドコーチを務める。日本サッカー協会公認C級コーチ。

UF:昨年から浦和レッズと浦和の少年団から選抜されたトレセンメンバーが参加するジュニアアカデミープログラムが始まっています。浦和の少年団と地元プロクラブである浦和レッズの交流は、URAWAのサッカーファンが注視を続けてきたテーマと思いますが、どのような進展があるのでしょうか。

町田:『浦和フットボール通信』には以前からこのテーマを取り上げていただいておりますが、段階的であるにはせよ進展しているといえるでしょう。

(編集部注:2009年Vol.28号 少年団現況を語る座談会「新星たちの原点」etc)

もちろんこれは浦和レッズの協力もいただいての経過。一例を挙げればプライベート大会(JFA未登録の非公式戦のこと)などに「FC浦和」を結成して遠征する際の活動ですが、浦和レッズがジュニアアカデミープログラムを始めて以降は土橋正樹さん、内舘秀樹さん、GKコーチの工藤輝央さんらにスタッフとして参加いただいています。

UF:なるほど。時期としてはいつ頃からの実績でしょうか。

町田:具体的には去年10月に開催された「ナイキカップ」という鹿島アントラーズ主催の大会から。折々の帯同可能な大会で活動を始めています。11月には甲府市サッカー協会が主催する大会に参加し、そこでも土橋さん内舘さんに参加いただいてFC浦和は優勝を果たすことができました。選手ともども喜びを分かちあえた次第です。

(残り 3254文字/全文: 4249文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ