浦和フットボール通信

MENU

欧州通信2012 Mark Russell 北部イングランドに吹いた“五輪”の風。(1)

世界の頂点に立つ巨大クラブ、マンチェスター・ユナイテッドの拡大路線に反発する市民によって設立された「FCユナイテッド・マンチェスター」。そのイレブンと地元サポーターたちの奮闘は、“Red Rebels(赤い反逆者たち)”の名で、いまや欧州全土に広く認知されている。我らがホーム浦和にもその発祥と動向を紹介してくれたマーク・ラッセル(http://www.urawa-football.com/post/2120/)を、ロンドン五輪の熱気を間近に見たマンチェスター近郊のボルトン・ウィガンに訪ねた。

インタビュー/写真 豊田充穂

【1】 7月26日 於 オールドトラフォード・スタジアム内 “レッドカフェ”。

豊田:ロンドン五輪の熱気はこのマンチェスターが北限で、リヴァプールやあなたが住むボルトン周辺にまで行くとテレビ画面だけの世界の様に見えますね。

ラッセル:これは日本で首都・東京だけが異質であるように、イングランドでもロンドンは特殊なのです。英国国内からの五輪ツアーは資料を見ただけ。実際に参加した人の話は私のまわりでは耳にしませんね。売れていないかも(笑)。実際にあなたが見たロンドンの様子はどうでしたか?

豊田:北京大会のような状態にはならないだろうと予想はしていましたが、路上警備と地下鉄改札のガイドが増えた他はいつも通りかと……。

ラッセル:会場の観客はロンドン市民と世界からの観光客が大半ではありませんか? (“レッドカフェ”の窓からスタジアム正面玄関の方向を指して)まあ、マット・バスビーの像の上に五輪マークが掲げられることも最初で最後だろうし、我らがギグスも関わっている大会だから後で写真を撮りましょう。

オールド・トラフォードスタジアムはロンドン五輪のサッカー会場となり、おなじみのライアン・ギグス率いる地元英国(GB)代表のグループリーグ戦や決勝トーナメントのゲームが開催された。五輪マークの下がマット・バスビー監督の像。手前がデニス・ロー、ボビー・チャールトン、ジョージ・ベストの3人。ユナイテッドの永遠のヒーローたちである。

豊田:サッカーに関して言えば、開催国イギリスが「チームGB」すなわちフットボールでいう英国4協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)で編成されたことも影響していると思いますか?

ラッセル:そうそう、あなたたちURAWAのファンも知っている聖ジョージ・クロス(イングランド代表の赤十字旗)が使えない。あの旗に愛するクラブ名をデカデカと書き込んむ愉しみが削がれるレギュレーションになりました(苦笑)。サッカーの母国なんて言われるけれど、そもそも英国はその4協会の代表戦さえ存続すれば「ワールドカップなんて無用」と公言していた土地柄。我々にとって、五輪はある意味フットボールと対極にある存在と考えます。五輪は平和を象徴するスポーツ祭典。英国での開催を誇とは思います。だが、私たちがFCユナイテッドを支持する行動はLIFE(生活、人生)だから。

(残り 5645文字/全文: 6886文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ