浦和フットボール通信

MENU

欧州通信2012 Mark Russell 北部イングランドに吹いた“五輪”の風。(2)

ロンドン五輪を自らの“幕引き”とするかのように、母国の若きオリンピック代表たちを牽引して見せたライアン・ギグス。方や同じマンチェスター・ユナイテッドのスターでありながら、ウェイン・ルーニーはいまだメガクラブの巨額移籍を象徴する存在で、古巣エバートンの記念試合への出場もままならない…… 母国のフットボールを牽引して来た北部イングランドに息づく、クラブ本拠地のスピリットを語るマーク・ラッセル談話第2弾。
インタビュー/写真 豊田充穂

【3】 7月28日 於 グディソンパーク・スタジアム “ウィンスロウストリート”。

豊田:こちらのスタジアム近くのショップでは、高齢のオーナーが昔の自慢話をしながらグッズを包んでくれるケースが多いですね(笑)。あなたのリヴァプールへの本音に比べれば、“Hillsborough justice campaign”の主人との挨拶は、ずいぶんフレンドリーだったように思いますが……。

ラッセル:お互い、長くやった間柄だから(笑)。アンフィールドの周囲は、五輪とのタイアップを受け容れたオールドトラフォード周辺に比べて「普段着のまま」という感じでしたね。

アンフィールド・スタジアム正面玄関前。赤を基調としたレンガ造りのショップの中に、“Hillsborough justice campaign”を掲げたウィンドーが見える。

豊田:アンフィールドの正面ゲートから回り込み、アンフィールド・ロードとスタンレー公園を通り過ぎれば、そこにはもうエバートンFCの本拠地、グディソンパーク・スタジアムが現れます。

ラッセル:クルマなら1分だったでしょう? わずか500メートルを隔てて、街並みがレッドからブルーにがらりと変わる。家々はその間に境界線を置き、どちらのクラブの支援であるかをはっきりと意思表示しているのです。その継承はグディソンパークの偶像で知られるディキシー・ディーン(イングランドFAの1シーズン最多得点記録を持つクラブのレジェンド)の時代から、代々にエバートンをサポートして来た「家風」を持つ家々に守られているのです。

豊田:イタリアやオランダに比べても、あそこまで直接的にクラブに寄り添う姿を見せる家並みは見た記憶がありません。やはりマッチデーの興奮にかられてゲーム観戦をするだけでは気づかない部分はあることを知りました。

赤い本拠地アンフィールドからわずか500m、グディソンパーク・スタジアムの側道ウィンスロウ付近の家並み。看板の基調色はもちろん、交通標識の裏面塗装までが“エバートン・ブルー”に塗り替えられる。

豊田:スタンド外壁に沿った家々には、“ディキシー”はもちろん、アラン・ボールやティム・ケーヒル(オーストラリア代表選手)のゴールに湧くスタンドの歓声が届いていたのでしょうね。

ラッセル:リビングルームでグランパやグランマが“マージーサイド”(リヴァプールvsエバートンのダービー戦)を飾った歴史的ゴールの思い出話を語り、子ども夫婦と孫たちがエバートンのTV中継を見ながらそれを聞く。BGMは、窓から聞こえてくるスタジアムの大歓声……それがグディソンパーク沿いにレンガで建つ、典型的なエバートンのホームの姿です。

(残り 4358文字/全文: 5670文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ