浦和フットボール通信

MENU

「レッズ2012月刊ライブディスカッション」Vol.5

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2012月刊ライブディスカッション」。夏場を乗り切り、残り10試合を残して現在3位。上位を維持して終盤戦を迎える。浦和レッズは、現在どのような状況なのか。お話をお訊きしました。(浦和フットボール通信編集部)

Photoby  ©Kazuyoshi Shimizu

優勝を目指す強さはまだない。

椛沢:現在11勝9分4敗の3位という順位で上位をキープしていますが、現状の浦和レッズについてはどう見ていますか。

河合:3位だから結果は出てきていると言って良いと思います。ただ全体の順位は詰まっているし、過去に勝ち点10をひっくり返されたことがあることを考えると油断は出来ない。チームとしてやろうとしていることは、練習の中からでも明確になっているし、選手同士の意思の疎通も出来ていている。試合のゴールシーンなども練習での成果が出ていると思えることが多い。そういう手応えはあります。ただ、FC東京戦とか大宮戦もそうでしたが、あの試合は勝てたよねと思える試合もあった。そういう試合でも優勝できるチームになっているかと言えば、まだなっていない。そこが勝てるようになってくると、優勝が狙えるぞ!というチームになるんだと思う。今は、相手がちょっとやり方を変えたりすると、それに対する対応力がまだないですね。

椛沢:確かに、強いチームかといえば、まだ、そうではないという印象は受けます。

河合:必ず後半に課題が残ってしまうこともある。引いた相手をどう崩すのか、体力が落ちて前からプレスが掛からない時はどうするのか。もちろんシーズンの最初に比べれば選手たちも自分たちのサッカーに手応えは感じてきている。だから悲観することはないし、これを続けていかないといけないと思う。

(残り 4825文字/全文: 5592文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ