浦和フットボール通信

MENU

特別対談:町田隆治×吉野弘一(1)

レッズのジュニア年代へのアプローチが本格化している。本誌WEBで既報の通り、レッズアカデミーと地元指導者が連携して地元少年団の選抜メンバーを育成するジュニアアカデミープログラムも始動から2年目を迎えた。半世紀近くの伝統を誇る浦和地区のサッカー少年団とレッズの交流は、URAWAの支持者が注視を続けてきたテーマ。そこにはどんな未来設計があるのか。おなじみのFC浦和指揮官・町田隆治監督と、山田直輝や矢島慎也らの才能をレッズに送り込んだ吉野弘一監督(北浦和少年団)に訊いた。 浦和フットボール通信編集部

吉野弘一(よしの・ひろかず) プロフィール
1955年、旧浦和市北浦和生まれ。日本サッカー協会C級コーチ。北浦和サッカー少年団の監督を20年以上務めるほか、フガルサッカークラブ代表、東京成
徳中学男子サッカー部 テクニカルアドバイザー、エルマンダーFC(茨城)テクニカルアドバイザー、浦和コスモス(ママさん)監督、ボカ・ジャパン テ
クニカルアドバイザー、GRAMADO SOCCERSCHOOL 浦和校 テクニカルアドバイザーと数多くの指導にあたり、全国各地の小・中・高校生を対象に、サッ
カースクール及び講演活動も行っている。 著書に『フリーサッカーで世界をめざせ!―いつでもどこでもだれとでも』宮崎昇作・吉野弘一などがある。

町田隆治(まちだ・たかはる) プロフィール
1964年、旧浦和市生まれ。日大豊山高校、本太クラブ(埼玉県社会人リーグ)でFWとして活躍。浦和別所サッカー少年団、浦和トレセン、埼玉県南部トレセン、FC浦和コーチを歴任後、
2008年にFC浦和監督に就任し、同チームを6年ぶり4回目の全国制覇に導いた。現在は、さいたま市南部サッカー少年団指導者協議会 技術委員会副委員長、
浦和別所サッカー少年団ではヘッドコーチを務める。日本サッカー協会公認C級コーチ。

【レッズジュニアの発足は、少年団との結束の契機】

UF:浦和レッズ・橋本代表の「浦和への原点回帰」のスローガンは、このテーマを外しては語れないと思います。地元サッカーを象徴する浦和エリアのサッカー少年団とレッズアカデミーの交流。それは、URAWAのサッカー好きにとって待望久しい課題でした。

吉野:各団には創立以来のそれぞれの経緯があり、プロのアカデミー組織とは足並みを揃えにくい事情や背景もあった。しかしレッズにジュニアが創設されるこのタイミングは互いの立場を再確認し、現状での連携を考えるチャンスです。地元とレッズが新たな関係を築く契機になればと考えています。

UF:一方、町田さんとお話してきたテーマは、地元少年たちの目標であるFC浦和の意義。そして、そのトップレベルを支える幅広い層のサッカー熱が伝承されてきたホーム浦和の潜在能力です。

町田:お二人のお話通り、この街には古くからのフットボールに対するこだわりがあり、しかも36の少年団がそれぞれ高い意識で「自らの存在意義」を受継いできた経緯があります。レッズアカデミーとの調和を目ざすには、むしろ準備期間も必要だったということではないでしょうか。クラブサイドもその情況を把握した上で、適切な対応を始めてくれている。そのように認識しています。

UF:本誌が取材した町田さんら地元指導者と矢作典史センター長以下、レッズアカデミーのメンバーによるジュニア・アカデミーの取り組みはファンの注目が集まるところです。
<編集部注:『浦和フットボール通信WEB』参照(http://www.urawa-football.com/post/7097/)>
このような連携のスタートや計画を聞くと、ついつい将来的なクラブとの結束への期待にまで気持ちが動いてしまうのですが……。これは浦和36団ばかりではなく中体連、高体連の関係者の間からも聞こえるのですが「レッズで活躍する選手を育てたい気持ちは持っているが、その思いを共有する場がない」という声があります。浦和の街からJリーガー、なかんずく浦和レッズのプレーヤーを育てたいという思いは、ホームタウンの随所にあるということなのだと思います。吉野さん、各少年団の現場として発展的にこの取り組みに応えるにはハードルもあるでしょうか?

(残り 2998文字/全文: 4722文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ