浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.106(9/19)

レッズにあるべきプレー基盤が見えてきた。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週、二人で提言した駒場開催についてですが、横浜のスタジアムで橋本代表と立ち話をする機会があったので、軽く提案をした所、クラブライセンスの導入も影響をしてくる問題でもあるとのことでした。この基準に駒場が合っていない部分が多々あることから、この辺りの問題もクリアにしないといけないのかもしれません。駒場開催による雰囲気は橋本代表も感じていたようですので、この問題は積極的に取り組んで欲しいと思います。

豊田:代表に軽く提案ができる立ち話も立派な第一歩ですが(笑)こういうポイントは継続して本誌が記事やイベントで追跡して行くべきものと思います。クラブライセンスの導入を視野に入れた回答を口にされるのであれば、私たち支持者としては改めて橋本代表にお伺いしたい件もある。シーズン終了まではサポートあるのみですが、またタウンミーティングにもお招きしたいですね。

椛沢:シーズンを締めくくる上で橋本代表にご登場を願いましょう。さて、VIPインタビューでは町田監督、吉野監督による対談を2週に分けてお送りをしました。地元浦和から多くのJリーガーも育て上げてきたお二人からのメッセージとレッズジュニア創設は、新たな才能育成の環境を創るための可能性を感じました。

豊田:さっそく幾つかの少年団関係の知り合いからは読後のコメントや意見ももらいました。特集記事をお楽しみいただければと思います。

(残り 1846文字/全文: 2485文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ