浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.110 拡大版(10/18)

日本代表の欧州遠征で感じたこと。浦和タウンミーティングで感じたURAWA育成の未来

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は国際Aマッチデーということでリーグ戦はお休みでした。日本代表は、アジア予選の裏で欧州遠征を行い、フランスそしてブラジルと対戦をしました。フランス戦は、皆さんご存知の通り、フランスに押し込まれる展開を耐え続けて、試合終了間際にフランスのコーナーキックからカウンターを発動させて、今野がドリブルで駆け上がり、右サイドを全力疾走していた長友にパス。さらにセンターにいた香川にグラウンダーのクロスを挙げてゴールを決めて1-0で勝利しました。試合内容としてはフランスに押し込まれる時間が続く苦しいものでしたが、今までのような力の差を感じなかったのも事実ですね。

豊田:日本代表の対フランス戦履歴は本当にいろんなエピソードが含まれており、思い入れは深いです。初対戦の時代から考えれば隔世の感がある。あれはキリンカップ(94年・東京国立競技場)でのゲームでしたが、日本サッカー界がまだドーハ・ショックから立ち直れていなかった時代でした。監督はハンス・オフトのあとを継ぐ外国人監督だったパウロ・ファルカン氏。相手のフランスも98年の開催国でありながら、地元パリで行なった欧州予選最終戦ロスタイムにブルガリアに決勝弾を叩き込まれて沈没していた。アメリカ大会の本大会に出場できておらず、「悲劇の主人公」同士の対戦という趣きがありました。ただ、フランスの先発は掛け値なしの豪華ラインナップ。あのジダンが脇役で、王様はユナイテッドで快進撃を始めていたエリック・カントナ。前線にはトヨタカップで国立を体験済みだったACミランの“怪盗”ジャンピエール・パパンがいた。実力差は大きかったな。カントナに良いように振り回されて1-4の完敗。「ヨーロッパではこのチームでもワールドカップに出られないんだ」という国立客席のマニアたちのため息を覚えています。

椛沢:エリック・カントナはあの襟を立ててプレーする佇まいからしてカッコ良かったですよね。 現代のサッカー選手ではなかなか感じることができないオーラのある選手でした。その時のフランス戦では、現在はテレビなどでサッカー解説をする小倉隆史さんが左足の強烈なシュートを決めたというのもよく覚えています。

豊田:11年前、中田英寿を中心にしたトルシエ・ジャパンが同じサンドニで対戦したゲームもショッキングでしたね。テレビ観戦でも鮮明でしたが、豪雨のコンディションの中でイレブン全員のボディバランスが哀しいほど違う。まともにボールキープができたのもシュートが打てたのもヒデだけ、という現実を思い知らされた試合だった。

(残り 3104文字/全文: 4243文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ