浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク号外版 (12/2)

Come on Super 達也!最終戦に想う。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)

昨日行われた名古屋戦は、浦和レッズらしい舞台、浦和レッズらしいシナリオで終えた一日だったと思います。今季初の5万人が集まった埼スタで、選手たちが気迫のプレーを見せ続けて、名古屋に2-0の完勝。鳥栖、柏が敗れたことで最終順位は3位に入り、アジアチャンピオンズリーグの出場権も獲得しました。

そして試合後に行われたセレモニーでは既に退団が発表されている田中達也のお別れセレモ二ーとなりました。達也の希望もあってクラブ主導での形では行わないとのことでしたが、サポーターはクラブのレジェンドとも言える活躍した達也への感謝の意を込めて、ゴール裏に2003年のナビスコカップ初優勝のゲームで、ゴールを決めた際の達也のゴールパフォーマンスをあしらったビジュアルを行いました。おそらくアドリブで行われた達也の挨拶では、彼の言葉の涙した人も多かったのではないでしょうか。

(残り 934文字/全文: 1349文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ