浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.116拡大版 (12/6)

浦和らしい最終戦。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、リーグ最終戦となる名古屋戦が埼玉スタジアムで行われました。今季初となる前売り完売で、56,000枚のチケットが発券されたとの情報でした。実際の入場者数は若干少なくなりましたが51,879人と今季最高の観客動員数となり5万を越えた時のスタジアムの熱気は独特なものがあって、久しぶりの感じをうけました。

豊田:ACL出場権を賭けての直接対決。加えてタクティクスの面白さは別にしてもとことん攻撃的なグランパスが相手。激しい展開になることは必至で、スタンドの熱気は今シーズンきってのものがありました。良い時間帯に点を取って行けたし、ゴールの歓声に混じって聞こえてくる“途中経過のささやき”には久方ぶりのスタンドのスリル感を味わいました。「おっ、鹿島が入れた!」「すいません、いま1-0で間違いありませんか?」「はいはいその通り。このまま行けってヤツ……」「鳥栖はどうなってます?」「いや、こっちはまだ動きがない」等々、隣席同士の情報交換がバンバンと飛び交っていた……やはり昨季みたいな残留争いではなく、ポジティブな他会場ニュースが良いです。盛り上がりのボルテージが違うから(苦笑)

椛沢:前線に闘莉王を置いた名古屋のスクランブル体制に対して、ベテラン山田暢久が闘莉王を完全にシャットアウト。彼の潜在能力の高さを改めて知ることとなりました。本当に暢久はすごい……。バランスの悪い名古屋に対して、暢久、阿部、啓太のバックラインからボールが面白いように供給されて名古屋を圧倒し続けました。

(残り 3170文字/全文: 3855文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ