浦和フットボール通信

MENU

【達也ラストマッチに涙】2012シーズン最終戦、レポート

アジア出場権のわずかな可能性をかけて最終戦を戦った浦和レッズは見事に名古屋グランパスを2-0で撃破。上位の鳥栖、柏が敗れたために浦和レッズが5年ぶりのアジアの舞台への進出を決めた。そしてこの試合は、”浦和のワンダーボーイ”田中達也がレッズのユニフォームを着て戦う最後のリーグ戦ともなった。浦和を愛するものが設えた達也へのセレモニーは、レッズ特有の幸せな空間となっていた。この試合のレポートを浦和が生んだカメラマン清水和良さんの写真と共にお送りする。(浦和フットボール通信)

2012 Jリーグディビジョン1 第34節  2012年12月01日(土) 15:34 KICK OFF
埼玉スタジアム2002 51879人

浦和レッズ 2-0 名古屋グランパス

得点者
23分柏木陽介、59分槙野智章

(残り 1054文字/全文: 1386文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ