浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.117 (12/14)

レッズの補強事情と育成事情。CWCにエメが帰ってきた。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:今年も早いもので残り3週間です。リーグ戦も終了し、浦和レッズも天皇杯での戦いのみとなりました。今週末は、熊谷で横浜Fマリノスとの一戦です。田中達也の赤いユニフォーム姿を1試合でも多く目に刻むためにもひとつひとつ勝ち上がりたいところです。さて、現在日本で開催中の世界クラブ選手権では、サンフレッチェ広島が開催国枠で出場しましたが、アルアハリに敗れて5位決定戦に回りました。そして南米王者、コリンチャンス、欧州王者チェルシーがいよいよ登場。コリンチャンスには、あのエメルソンが所属していますね。ブラジルに戻ってからもフラメンゴ、フルミネンセ、コリンチャンスと強豪国を渡り歩いて、コパ・リベルタドーレスでも13試合5得点、決勝でゴールを決める活躍で大会MVPとなり、南米王者の原動力となっていました。あのスピードも健在。プレーぶりも変わっていなくて懐かしい感じがしました。コリンチャンスはブラジルでも1、2位を争う人気クラブで、今大会にも1万人以上のサポーターがブラジルから乗り込んでいるそうです。

(残り 2127文字/全文: 2636文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ