浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.119 (12/27)

浦和タウンミーティングで橋本代表と膝を交えてみて2012年を振り返る

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:早いもので2012年も余すところ、今日を入れて5日になりました。昨シーズンは、なんとか残留が決まったものの、監督選びが難航して、気持ちが落ち着かないまま年を越えることになりましたが、それに比べると今年のオフは、比較的安心して過ごせます(笑)。

豊田:率直に言ってこの数年はレッズの退潮が著しく、来季の予想が立たない……というより予想をする気分になれないオフでしたね。J発足以来のホームタウンおよびサポーターの貴重な経験値がクラブと共有できていない実証や証言がそこここに在り、「このままでは自滅する」という焦りを強く感じてきた印象があります。幸いにしてミシャ監督の政権は予想を上まわるチーム改革を実現し、補強選手の相応の働きのもとにACL出場という成果も生み出しました。来季も政権が続くという事実だけでも、安堵する空気があるようです。レッズを巡る支持者たちは、こういう時間帯にこそホーム浦和とレッズの退潮の原因とあるべき未来について考え、意見や情報を交換する努力をしたいと思います。

(残り 1250文字/全文: 1759文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ