浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.120 (1/4)

5年ぶりのACL出場を起爆剤に2013年への期待。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。2013年は、浦和レッズが5年ぶりにACLの舞台に復帰するということで、アジアでの久しぶりの刺激も受けながら、浦和レッズの盛り上がりを再燃させていく一年としていきたいところです。

豊田:今年もよろしくお願いします。年末年始にかけて何人かのJ周辺のマスコミ関連の方々や浦和レッズ支持者たちと浦和レッズの2013を語り合う機会がありました。2007シーズンからのレッズのACL連続出場は初年度におけるクラブワールドカップ3位という成果も含めてインパクトが高く、その後のJクラブのアジア挑戦の原点として深く認識されていることを知りました。多くの人たちの共通認識は再び「世界への舞台」にレッズが戻ったことへの期待感ですが、それは特にホーム浦和のレッズに対する改めてのサポート熱の復活とか、その後の経験を積んだレッズサポーターがこのチャンスをどのように捉えているのかという興味に根ざしたもののようです。

(残り 2421文字/全文: 2911文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ