浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.121 (1/10)

大型補強の浦和は金満クラブなのか?

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:今年のストーブリーグは各チームとも動きが激しくなっていますね。その中でもミシャ2年目のシーズンを迎えるレッズが主役となり、盛り上げていました。補強の動きは現状で決着をしたようです。ここまでの移籍の動きをまとめますと、他クラブからDF森脇、DF那須、MF関口、FW興梠と代表経験の有力選手を各ポジションで補強。明治大からレッズユース出身で、高円宮杯優勝メンバーのFW阪野。DF永田拓也が草津から復帰。田中達也、エスクデロ、ポポ、原がそれぞれ完全移籍。濱田が新潟にレンタル移籍となっています。他クラブからの補強選手に関しては、ミシャの強いリクエストから実現した選手のようです。

豊田:なにやらミシャでずいぶん長い期間を過ごしたような気分になっていますが、彼の構想を軸に駒を揃えられるのはこれからでしょう。ポジションごとの補強布陣を見ると、クラブの需要と応じてくれた選手たちの顔ぶれによって、「Jにおけるレッズの現状評価」が読み取れるように思います。ACL出場権というカードの奏功によって漕ぎ着けた結果といえるのでは? 興梠選手の新加入などは非常に刺激的ですが、個人的には槙野選手の完全移籍がいちばん手ごたえを感じましたね。昨年はゲーム中に限らず、ピッチ上の彼の動きすべてを丹念に見させてもらいましたが、埼玉スタジアムの空気感にはかなり触発されるものがあったのだと思います。でなければ完全移籍の決断は無理だったと思う。本格的に「レッズの槙野」としての色を出せるのは今季から。監督の思いをピッチ上で表現する役割を全うして欲しいです。

(残り 1757文字/全文: 2470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ