浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.125 (2/8)

URAWAのフットボール文化におけるゴール後の仕来り。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:宮崎キャンプから帰ってきたレッズは、大原練習場でトレーニングを行いながら、各激励会やレッズフェスタなどのホームタウンでの行事に参加をして忙しく動いていたようです。

豊田:「原点」といわれる由縁でしょうか、フェスタが駒場で行われるなら万難を排して参加するという人たちは多いようです。私は今年は参加できなかったのですが、後日に行なわれたシーズンオフの情報交換をするサポーター集会に呼ばれて南浦和に顔を出しました。例のレッズの選手パフォーマンスに関する議論が続いているようで、年配サポーターの方から「あの件に対する浦和フットボール通信の意見はもっとはっきり言った方が良い。読者に伝わらないです」と言われまして(笑)。確かにここの地元の人たちは、言葉で押し付けるようなことはしない傾向はあるかも。とりわけサッカー文化に関しては昔からそうですね。ここで暮して、サッカーへの接し方を見てれば分かるだろ?みたいな……こんな言い方をすると、また椛沢編集長からは煙たがられてしまうかも知れませんが。

(残り 2005文字/全文: 2507文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ