浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 URAWA REDS 2013 LIVE DISCUSSION 「ミシャサッカー2年目に、進化の兆し」

6年ぶりのACL出場。リーグ戦では、昨シーズンの3位からさらなる高みを目指して浦和レッズのシーズンが開幕した。今シーズン開幕となる広州では大敗を喫したが、その後は3連勝と今季への期待感を漂わせる内容を見せている。レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。進化が見えるミシャサッカーについて、選手たちの素顔について、河合さんに話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

ミシャ2年目、サッカーに進化の兆しが見える。

椛沢:アウェーでの広州戦から始まり、広島、名古屋、ムアントンと既に4試合をこなして、ミシャサッカーの二年目がスタートしましたが、サッカーがかなり進化をしていますよね。びっくりするくらい今年のサッカーは面白くなりそうという印象がある。昨年はカウンターサッカーじゃないかというところもあったけども、今年は違うという部分が見えてきました。

(残り 3818文字/全文: 4238文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ