浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 URAWA REDS 2013 LIVE DISCUSSION「新エースへ!興梠慎三、浦和で愛される選手になりたい。」

6年ぶりのACL出場。リーグ戦では、昨シーズンの3位からさらなる高みを目指して浦和レッズのシーズンが開幕した。今シーズン開幕となる広州では大敗を喫したが、その後は3連勝と今季への期待感を漂わせる内容を見せている。レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。進化が見えるミシャサッカーについて、選手たちの素顔について、河合さんに話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

充実の補強、2年目はステップアップの年になる。

河合:色々な人にレッズは良い補強をしたといわれてニヤとしてしまうんだけど、それくらい今季の補強はうまくいっている。

椛沢:補強は必ずしもプラスになるわけではなくて、補強をしてもマイナスになることもあるわけですが、今季のレッズにおいては、プラスに作用している様子ですね。

河合:補強によって、良い競争意識が芽生えていて、プラスになっているね。本当に良い補強をした。クオリティが高すぎる。誰が入っても遜色ないレベルにきたと思う。

椛沢:その補強効果もあって、去年のレッズはつぼみだと言っていたのが、今年少し咲き始める予感がしますね。去年はミシャなりにサッカーを創りながら勝つためのステップを踏んできて、今年は昨年をベースにかなり進化させようとしている雰囲気があります。そう考えるとミシャは改めてすごい監督だと思ってしまいます。

(残り 4682文字/全文: 5295文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ