浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.132 (4/5)

全北現代に悔しい敗戦。来週のアウェーでこの借りを返す!

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、リーグ戦第4節のアルビレックス新潟戦でした。新潟といえば、田中達也が新たな挑戦の場と選んだチームということで、彼もスタメンに名を連ねていました。試合前の選手紹介でも、多くのサポーターが彼に対して拍手を送っていました。OBに対してはブーイングで応えることが多いレッズサポーターですが、達也に対しては、特別な応えだったというのは、彼がそれだけ特別な貢献をした選手という表れだったと思います。敵にした達也は怖かったですね。幾度とチャンスを作られましたが、ゴールは決められず、安心しました。

(残り 2519文字/全文: 2828文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ