浦和フットボール通信

MENU

「全北vs浦和。白熱の攻防を追う」ACL全北現代戦、韓国遠征レポート

2007年以来の全州ワールドカップスタジアムでの対戦となった全北現代戦。ホームで1-3と逆転負けを喫して、リベンジを誓ったアウェーゲーム戦。敵地でもロスタイムで追いつかれて2-2のドローで終わった。現地まで馳せ参じたサポーター、戦ったチームで共有した思いは、悔しさ、そしてこのままでは終われないという気持ちだと思う。残りホームでの広州戦、アウェーでのムアントン戦を残す戦いとなったが、2戦必勝の気持ちでアジアを闘いぬきたい。ホーム広州戦は、一人でも多くのサポーターが埼スタに駆けつけて、スタンドを赤く圧倒的なホームを作り出してレッズを最大限サポートしよう。今回は、この韓国でのアウェー戦をゴール裏に参戦した椛沢と、メディアとして取材した豊田により、詳細レポートする。(浦和フットボール通信編集部)

ライバル韓国を相手にリベンジを誓っての遠征

椛沢:中国・広州に続くアジアアウェーの舞台は、全州市をホームタウンとする全北現代でした。全北現代とは2007年にも対戦をして、この時は2000人以上のレッズサポーターが敵地を埋めて、2-0の快勝。レッズサポーターのサポートを含めて、韓国全土に大きなインパクトを残した試合でした。また今大会もホームゲームを前節に行い、1-3と逆転負けを許して悔しい結果となっている。このリベンジを果たそうと意気込んだ韓国への遠征です。浦和レッズをサポートするために、アジアに遠征をする時はいつも興奮をします。アジアにURAWAを轟かせようという気概を持ちますし、フットボールがワールドワイドであることも実感できます。

豊田:全州はACLアウェー戦の緒戦となったシドニーとともにレッズサポーターの記憶に刻まれる地となりました。ホーム浦和においては他のスポーツをさしおいてもサッカー観戦時間が突出して長い。ゆえに日韓戦としての全北戦は多くの世代の地元ファンの耳目を集めるのだと思います。

(残り 4951文字/全文: 5751文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ