浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】山形のブロックをいかに崩すか意識付けの練習を行う(2015/3/12)

IMG_4873

ホーム初勝利を目指して

桜の花の蕾が、少し膨らみ始めた3月12日。気温14℃と温かい中で山形戦に向けての練習が行われた。斉藤翔太選手は卒業式のため、永田充選手は、身内にご不幸があり練習をお休みすることとなった。李忠成選手は完全別メニュー、ズラタン選手はアップのみ参加であった。

3グループに分かれてボール回しをした後、身体の向きでボールをコントロールするパスなどを織り交ぜたアップをした。ハーフコートよりも約9m縦に長いグリットで、センターラインから上下5mの所にマーカーで中盤にスペースを作り、攻撃側と守備側に分かれて5対5の状況で練習が行われた。また、サイドはペナルティーエリアラインの外にワイドの選手を配置されていた。

(残り 814文字/全文: 1124文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ