浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】良いイメージがない甲府に対して、柏木「今までと同じではアカン」<柏木、西川、梅崎コメントあり>(2016/3/30)

IMG_0982

柏木「今までと同じではアカン」

柏木陽介選手は「昨日の試合、出てないからコンディションは良いですよ。今までよりも悔しさが残る」と少し寂しそうに話していたが、甲府戦に向けての話になると途端に目が輝き始め「甲府の試合は、難しい試合になる。打ち込み過ぎないことも大事だけど、狙えるとこは狙わないといけない。我慢して、見極めて、感じ取っていかないといけない。相手のDFの裏を狙いつつ、セカンド拾って、中と外を使う。甲府の中のブロックも強いから、マキとモリが高い位置を取って、俺のところから中に打ち込むのは危険だから、サイドで1対1やセカンド拾ったり、セットプレーで点が取れれば良い。我慢しながら積極的にボールを入れる。流動的に動く、サイドに叩いて、俺が前に飛び出す!後ろから前に出た時にチャンスだ。点が獲れるボランチになりたい」と攻撃のスイッチを虎視眈々と狙う構えを見せた。また、「甲府に良いイメージはないが、こういうチームに勝たないといけない。今までと同じでは、アカン!と認識しないといけない。攻め急ぐこともあるが、サポーターに煽られて、行かんかったらブーイングを食らう。特にモリね。前に打ち込んで、カウンター食らってもアカンし、ビビりすぎてもアカン!高い位置を取って行くが、獲られた後のリスクがある。でも、獲られたら、すぐに取り返す。我慢して戦って、どこかで1点獲る」と様々なイメージを持っていた。

IMG_1023

 

西川「甲府には圧倒して勝つくらいの気持ちをみせたい」

(残り 980文字/全文: 1608文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ