浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.138 (5/15)

Jリーグ20周年アニバーサリーマッチ・激闘の鹿島戦を振り返る。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:Jリーグ20周年アニバーサリーマッチに唯一指定された鹿島戦は、戦前の予想とおり激戦でした。生憎の天候の中、46,649人が集まり20周年記念に相応しい熱狂の雰囲気を創っていました。試合前にはJリーグ20周年セレモニーが行われて、ロブソン・ポンテ氏、アルシンド氏と浦和、鹿島の両レジェンドが挨拶をするなど、20周年を盛り上げました。式典を見ていて、なんだか感慨深い思いになりましたね。

豊田:ポンテ登場は嬉しかった。レッズサポーターの記憶の中にある海外のレジェンドの中でも、あのセレモニーにもっともふさわしい人選でした。ACLの勝ち上がりが伴っていれば一層の喜びだったでしょうに、そこだけが残念。国際舞台で彼が見せた統率や気迫を私たちはいま一度思い起こさなくてはならないと強く感じました。アルシンドも懐かしかったですね。すでに欧州チャンピオンズリーグを体験していたポンテと異なり、こちらはまさに創成期のJリーグで磨かれた無名選手でした。ゲームでも散々に痛い目に合わされた相手ですが、何か憎めない純粋さを持つストライカー。93年のステージ初制覇を駒場で達成した後、いまは取り壊されてしまった浦和東武ホテルで行なわれた会見でジーコを絶賛する奇声を発して記者団は驚愕。アデランスのCMに出演して当時全盛だったカラオケボックスのボーイ役をやって喝采を浴びたりしていた(笑)。あの広告一連を担当していた制作陣に同年代の知り合いがいたのですが、彼はトレードマークだった“河童禿”にこだわりを持っており商品現物プレゼントも辞退したそうです。こりゃ相当なキャラだなと感心したことをよく憶えてる。

(残り 1968文字/全文: 2722文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ