浦和フットボール通信

MENU

【This Week】フットボールトーク Vol.173 (1/31)

クラブの補強の最大部分は“マネジメントセクション”にあり

IMG_3702

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:3月1日のシーズンインに向かって浦和レッズも宮崎での1次キャンプを終えました。昨年大きな課題となった守備面の整備についてもミシャ体制初となる、守備練習を行うなど、ミシャ3年目となるチーム創りの総仕上げを行っている様子です。

豊田:周辺でも話題になっていますが、全体の守備確認というメニュー自体が初めてなのだそうですね。ハンス・オフトにしろイビチャ・オシムにしろ、ゼロからのチーム作りには時間はかかります。環境もメンバーも総取替えで設計図をつくり、戦術浸透を進めるわけだから。そこを認識していないサポーターはいない。ただミシャの場合は、もはや3年目……。昨季終盤の守備崩壊が極端であっただけに「あれも想定内であったとは思えないし、想定内だったら許せもしない」という声があります。客観的に見れば、Jの勢力図の見通しとして一昨年と同じくらいの懸念要素を持っていてしかるべきと思う。加えて気になるのは、この現状に接しても妙にクールにクラブ動向を追っている人が多々いること。レッズに対するファンの距離感の表れでなければ良いのですが……。

(残り 2355文字/全文: 2881文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ