浦和フットボール通信

MENU

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)×島崎英純(浦和レッズマガジン編集長) 居酒屋レッズトーク対談第4回『共通認識をもった一体感が生まれている』(2014/6/13)

nomi1

本誌編集長、椛沢佑一と、レッズマガジン編集長の島崎英純さんがホームタウンの呑み屋で、呑みながらざっくばらんにレッズの話を転記する「居酒屋レッズトーク対談」第4回は、前半戦を振返っての印象。そしてスタジアムの雰囲気についてから。

鳥栖戦での事案以降、共通認識をもった一体感が生まれている

島崎:ぼくが、サポーターの応援について、何かを語るのは、すごくおこがましいし、サポーターのすることに対して何かを言う立場にはないんですけども、本来的に、クラブやチームをサポートして勝って欲しいと思っているのですが、それが違う雰囲気を及ぼしているという残念さを鳥栖戦で感じたんですけど、その後どうなっているのか、率直にサポーターの雰囲気を聞きたいですね。実際に福田さんも言っていましたけど、サポーターの雰囲気が柔らかくなったことで選手達へのプレッシャーが軽減されて、やりたいサッカーを行えている雰囲気があると言っていましたけど、実際は、どうなんでしょう?

椛沢:確かに、例の一件以降は、チームに対しての捉え方が、ポジティブになったかもしれないですね。その要因があの件だけなのか、チームがやっていることが賛同されているということもあるのかもしれません。現状のチームのパフォーマンスを見れば、サポーターもピリピリすることはないとも思います。その両方の要因はあるかもしれないですね。

(残り 2308文字/全文: 2885文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ