浦和フットボール通信

MENU

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)×島崎英純(浦和レッズマガジン編集長) 居酒屋レッズトーク対談第5回『広島戦での元気ゴールにサポーターは涙した』(2014/6/18)

nomi2

本誌編集長、椛沢佑一と、レッズマガジン編集長の島崎英純さんがホームタウンの呑み屋で、呑みながらざっくばらんにレッズの話を転記する「居酒屋レッズトーク対談」第5回は、ドイツに移籍した原口元気の穴は埋まるのか、原口との思い出について。

移籍で空いた原口の穴は埋まるのか

島崎:1-0の試合が多くて得点数は少ないけどもチャンスは多いし、決定機をもっとモノにすれば2点差以上の展開もあって、今までの攻撃パターンが薄れている感じはしません。問題点は前線の組み合わせ。監督が起用した選手がいる中で、そういう選手をどうやって当てはめるのかに苦労をしていますね。特に李忠成が身体的にフィットをしなくて、最前線で使いたいのだけろうけども、うまくいかない。興梠はワントップでもトップ下でも出来る選手だけれども、興梠自身はワントップをやりたいという思いはある。興梠自身は手を抜く選手ではないから、何の問題もないけども、トップ下でのプレーを見ると気落ちしている感じもしますね。大宮戦でのゴールを見ると、やっぱり興梠がワントップなんじゃないのかというサポーターの声が聞こえてきます。

椛沢:興梠がワントップに入った時は、ボールもよく収まるという部分でも、彼がワントップに入る方が良いのではないかと思う部分もありますね。

島崎:確かにポストワークも絶品で、あのようなポストワークは日本屈指の選手なんじゃないかなと思いますね。だからと言ってミシャさんが興梠をトップ下で使いたい、気持ちも分かって、李も優秀な選手だから、なんとか融合をさせたいんだと思いますね。

椛沢:李は、シャドーよりもワントップの方が良いという評価がミシャさんの中にはあるんですかね。

島崎:おそらくトップ下でもプレーできるけれども、一番の彼の持ち味は得点力で、左利きということも魅力だし、一瞬の速さとかヘディングは、秀でていると思うから一番前でプレーをさせたいというのも分かりますね。ただ、まだ、ぎこちなさがあって、コンビネーションが生まれていない所があると思います。しかも今回、原口の移籍が決まったことで、またユニットを組み直さないといけないという状況もあります。

(残り 4280文字/全文: 5177文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ