浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】川崎とのトレーニングマッチ第1試合<永田、直輝コメントあり>(2014/11/15)

IMG_2944

第1試合は、サブ組での対戦

中断期間の合間、浦和にとっては貴重な練習試合が、川崎の練習場で行なわれた。天候にも恵まれ、30分×4本であったが、2チームに分かれて実質30ハーフの2試合が行われて、浦和から訪れたファン・サポーターと川崎ファン・サポーターが約1000人が見守った。 まずは1試合目浦和のメンバーはGK岩舘、DF濱田、永田、坪井、MF関口、茂木、鈴木(山田)、関根、マルシオ、山田(渡邉・川上)、FW阪野で挑んだ。

IMG_3072
対する川崎の1本目は、センターバックに中澤選手と稲本選手を起用していた。試合は、前半の立ち上がりから浦和が前からプレスを掛けて、リズムを掴みかけるも、川崎は徐々にセカンドボールを拾って主導権を握りだした。

そんな中、17分に鈴木啓太選手が体調不良を訴えてユースの渡邉選手と交代。山田直輝選手がボランチのポジションに下がり、ゲームをコントロールし始めると再びリズムを取り戻していった。

また、永田充選手からも前線やワイドに良いタイミングのロングフィードが入るなど良いシーンは見られたが、決定的なシーンはお互い作れず前半を0-0で折り返すこととなった。 後半は、立ち上がりから川崎に主導権を握られてしまった。

後半12分には金久保選手にDFの裏を取られてGKと1対1のシーンを作られるも、岩舘直選手が落ち着いて相手を見て好セーブを見せた。浦和は後半18分には、ユースの渡邉選手に代わり川上選手が出場。 浦和の選手交代直後に、DFの裏にスルーパスを通され、抜け出した山越選手に冷静に決められ先制点を許してしまった。

しかし、何としてでも結果に拘りたい1本目の試合メンバーたちは、意地を見せて川崎ゴールへ襲いかかった。終了間際には、マルシオ選手のスルーパスに山田選手が抜け出したが、決定的なチャンスを生かすことが出来ず試合は、0-1で敗戦を喫した。

1試合目は、良い流れの中で得点が決められず苦しい展開になってしまった。ユースの選手にとっては良い経験となった練習試合だが、コンディション調整だけでなく1試合目のメンバーは結果に拘りアピールをしたいところだった。

(残り 665文字/全文: 1544文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ