浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】武藤が勝利を手繰り寄せる黒子の活躍を見せる。Jリーグ1stステージ第2節 モンテディオ山形戦<阿部、柏木、武藤、森脇コメントあり>(2015/3/14)

今日のワンポイント

先制点となった阿部選手のゴールは、本当に素晴らしかった。先制点が決まるまでは、本当に苦しい展開であった。横パスが多く、サイドでの勝負も厳しい展開の中で選手たちは我慢強く闘った。攻撃のリズムの変化をもたらしたのは、武藤選手の動きであった。エリア内に武藤選手がいなければ、森脇選手のクロスもこぼれ球も生まれなかった。武藤選手は「積極的にゴールに向うプレーは出来たと思う。ゴールを狙って動いているので、あそこ(エリア内)に入れたことは良かった。こんどは、自分が決めます」と話した。相手DFとの駆け引きやドリブルで仕掛ける動きなど、武藤選手の積極的な姿勢が阿部選手の渾身のゴールとなった。

(残り 1913文字/全文: 2212文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ