浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】ズラタン「自分自身のゴールだけでなく、勝ち点1に繋げたことが、一番の価値だ」Jリーグ1stステージ第5節 vs川崎フロンターレ<槙野、関根、武藤、ズラタン、ミシャ監督コメントあり>(2014/4/13)

鬼門の川崎で貴重な勝ち点1を獲得!

メインスタンドの改修工事が終わり、生まれ変わった等々力陸上競技場のアウェイ席は、真っ赤に染まっていた。ほぼ満席の2万4,992人が最後の笛が鳴るまで試合の行方を熱く見守った。

試合前日練習で好調だったズラタン選手をミシャ監督は、スタメンで起用。前線は、シャドーに石原直樹選手と高木俊幸選手とズラタン選手のトライアングルでスタートした。

試合の立ち上がりは、お互い相手の様子を覗うようなゲームの入りであったが、徐々に川崎が主導権を握り始めた。川崎は、攻守の切り替えが早く変則的な守備でブロックを作り、セカンドボールを拾うと小気味良いパスワークでゲームをコントロールして行った。19分、GKとDFの間を狙った車屋紳太郎選手の鋭いクロスのこぼれ球を中村憲吾選手が狙い、続く21分には、中村選手の縦パスに抜け出した森谷賢太郎選手シュートはいずれも枠を外れ、24分には車屋選手のクロスに合わせたエウニーニョ選手のシュートは身体をはった浦和のDF陣が止め、浦和にとっては自陣に押し込まれる苦しい展開が続いた。

(残り 2196文字/全文: 2659文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ