浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】練習試合は、若々しく躍動する慶応大学に1-1の引き分け。<橋本、永田、大谷、茂木コメントあり>(2015/5/17)

IMG_6731

今日のポイント!

炎天下の中で、慶応は若々しく躍動していた。前半からしっかりと前線から嵌めこむ守備をして、セカンドボールを拾う意識も高く、とにかく良く走っていた。浦和と比べてスキルが劣る中で「7番の所に強く行こう!」とか「縦切れ」とお互いに声を掛け合いフォローしていた。後半、足が止まりかけても「やりきろう!!」と声を掛けて励まし合っていた。フットボールにおいて、ピッチの中で大切な声が出ていたのは慶応であった。練習試合は、試合勘を含めてコンディション調整の一環であったり、課題にチャレンジする場でもあるが、慶応はフットボールの基本を大切にしていた。苦しい時間帯でも、声を掛け合い乗り切った慶応の選手たちを褒めたい。

試合終了後に浦和のベンチはもちろんであるが、観戦しに来ていた浦和のファン・サポーターにも挨拶をした慶応に、惜しみない拍手が送られていた。浦和に胸を借りて、全力で挑んで来た慶応の選手たちは、清々しい表情をしていた。

(残り 2039文字/全文: 2452文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ