浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】武藤「勝ち点が拾えて良かった」Jリーグ1stステージ第10節vs柏<興梠、槙野、梅崎、西川、橋本、関根、武藤コメントあり>(2015/6/4)

今日のポイント!「最後まで闘う気持ちで、貴重な勝ち点ゲット!」

先制したにも関わらず、落ち着きのない試合展開となり苦戦を強いられてしまった。もう少し、我慢強くしっかりとパスを繋いで自分たちのリズムを作りながら本来の闘いが出来れば良かったと思う。ボールの奪われ方が相手の狙い通りになってしまった。

興梠選手は「カウンターの攻め合いだった。決定機を決めていれば良かった。反省点だ。負けなかったのは良かったが、ピッチでやっていて勝てる相手だった。引き分けは悔しい。簡単に負けないことは良いことだし、負け試合を引き分けにもって行けたのは良かったが、個人的に悔しい」と試合を振り返った。

槙野智章選手も「結果的に最低限の仕事が出来た。不満が残る内容だったが、勝ち点1を取れたのは良かった」と悔しそうに話した。

ロッカールームから出て来た選手たちのほとんどが、興梠選手や槙野選手のように悔しがっていた。劣勢に立たされて苦しい展開であったが、選手たちの中に「絶対に負けない!」「負けたくない!」と言う強い気持ちがあったことが分かる。

諦めないで闘う姿勢を貫き、土壇場で追い付いた底力は素晴らしいものであった。貴重な勝ち点1をゲット出来たことは本当に良かったと思う。

(残り 2795文字/全文: 3315文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ