浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】再開後は、白木、清家の10代コンビがチームを勝利をもたらしてくれるはずだ<吉良、猶本、高畑コメントあり>(2015/6/12)

RT2_7506-(C)RimakoTakeuchi

今日のイチオシ!!「白木星選手と清家貴子選手」

練習が終わり、思わず両ひざに手を当てる選手もいた。過酷な練習であったのにも拘らず、クールダウンもしないで、シュート練習を始めた選手がいた。白木星選手と清家貴子選手である。身体を半身にしてパスを受けるとゴールに向かうボールコントロールから、思いっ切り足を振り抜いていた。位置を変えたりしながら2人で何度もシュートを放っていた。疲れているはずなのに、軽快なステップワークを見せる恐るべし10代女子パワーだ!!この夏、白木選手と清家選手のゴールが炸裂し、チームに勝利をもたらせてくれるはずだ!なでしこリーグ再開が本当に待ち遠しい。

吉良「今季は走りきれていなかった。それが結果に出ている」

浦和の得点源の1人でもある吉良千夏選手は「今日からサッカーしながらの走りが始まった。先週は、フィジカル中心だった」とボールを使っての練習が嬉しかったようだ。そして「今シーズン、リーグが始まってから試合では、走り切れていなかった。それが、結果に出ている。フルに絡めていなかったので、コンディションをあげる。チームは土台作りをしているところ。狭いグリッドで追い込んでボールを取りに行くことと、パスコースを切るだけでなく、ボールに厳しく寄せる意識でやっていた」と前線の守備意識を高く、奪ったあとに早い攻めを心掛けて練習に取り組んでいた。

RT1_2858-(C)RimakoTakeuchi

猶本「90分を走りきる強みが出せるようにしたい」

(残り 646文字/全文: 1248文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ