浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】苦しみながらも2ndステージ開幕勝利。無敗記録を18に。2015Jリー グ2ndステージ第1節vs松本山雅戦<宇賀神、興梠、武藤、西川、槙野、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/7/12)

今日のポイント!「終了間際の選手達の判断」

先制点と追加点を奪えたことは、良かった。しかし、松本が後半にロングボールやロングスローを多用することで、試合を落ち着かせることが出来ずに難しい展開になってしまった。

試合終了間際の浦和のFKのチャンス時に、ミシャ監督は、選手たちに上がれと指示を出した。しかし、相手がカウンターを狙っている中で宇賀神友弥選手や槙野智章選手などが異を唱えて残った。

試合後に宇賀神選手は「松本の選手が3人残っていたし、キャッチされてカウンターがあった。マキがドイツ語で監督に話してくれた。ピッチで感じていることと、監督の思いが違うことがある。言い合いは、悪くないことだ」と話していた。

確かに浦和のFKは、ゴールを狙うチャンスだったが、逆に松本がカウンターからゴールを決めるチャンスにもなり得る。FKのチャンスを生かして3-1になったかも知れないが、勝ち点3が勝ち点1になる可能性もあった。選手たちが、時間帯を考えて、無理して上がらずにリスクマネジメントしていた。しっかりとピッチの中で状況を把握して、感じたことをミシャ監督に伝えることが出来た。選手たちのメンタル的な強さと的確な状況判断が良かったと思う。選手たちの成長が頼もしく感じた。

興梠「相手がよく研究をしてきた」

(残り 2865文字/全文: 3408文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ