浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー/レディース編】2015なでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第10節 vs ジェフユナイテッド市原・千葉レディース<吉田監督コメントあり>(2015/7/13)

DSC_1558-(C)Rimako TAKEUCHI

リーグ再開のジェフレディース戦に競り負ける

FIFA女子ワールドカップカナダ大会が終わり、ようやく待ちに待ったなでしこリーグが再開した。再開の初戦、浦和レッズレディースはジェフ市原・千葉と対戦した。レッズレディースは現在3勝2分け4敗で、勝ち点11の5位、対するジェフレディースは4勝4分け1敗で勝ち点16の4位。レッズレディースは、ジェフレディースに勝って少しでも上位との勝ち点差を詰めよりたいところだ。日中は真夏日となった7月12日、日が傾き始めた17時、ジェフレディースのキックオフで始まった。

レッズレディースは、GK平尾、DF和田、千葉、高畑、北川、MF柴田、猶本、岸川、吉良、FW清家、後藤が再開初戦のスターティングメンバーを飾った。一方、ジェフレディースなでしこジャパンのGK山根絵里奈選手とFW菅澤優衣香選手がスタメンに名を連ね、またレッズレディースに所属していたDF千野昌子選手、DF櫻本尚子選手、MF保坂のどか選手がスタメンで起用された。

DSC_0309-(C)Rimako TAKEUCHI

立ち上がりから積極的にしかけて来たのは、ジェフレディースであった。しっかりとした守備からコンパクトにして仕掛けてきた。レッズレディースも我慢強い守備からチャンスを覗い、16分には後藤三知選手が起点となり、左ワイドの吉良千夏選手へと展開すると左サイドのバイタルエリアに走り込んだ猶本光選手にパスが渡り、ゴール前に素早いクロスを送るも、中で合わせる選手がいなかった。

(残り 1449文字/全文: 2057文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ