浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】西川「サッカーは1人じゃない。ミスしてもそれをカバー出来る仲間がいるスポーツだ」2015Jリーグ2ndステージ第3節vsサンフレッチェ広島<柏木、武藤、高木、永田、関根、西川コメントあり>(2015/7/20)

今日のワンポイント!!「全ては決定機を物に出来なかったこと」

無敗記録が途切れ、年間の勝ち点を2差まで広島に詰め寄られてしまった。浦和のシュート数は広島の12本に対して約2倍の23本であった。その内、決定的なチャンスは何回あっただろうか?!

柏木陽介選手は「チャンスがあって、決められず。負けたのは、俺のせいだ。勝てる試合を俺が負け試合にした」と決定機を逃した責任を感じていた。高木俊幸選手も得点を決められずに責任を感じていた。武藤雄樹選手は「前半に、3~4点入ってもおかしくなかった。最後の精度の部分だ」と話した。

(残り 3777文字/全文: 4033文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ