浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】「ホーム埼玉スタジアム全体の雰囲気で勝利の女神が、高木選手のゴールを運んで来てくれた」2015Jリーグ2ndステージ第10節vs柏レイソル<高木、関根、那須、西川、宇賀神、ペトロヴィッチ監督コメントあり>(2015/9/12)

今日のポイント!!

誰もが待ち望んでいた高木俊幸選手の移籍初ゴールに、ホーム埼玉スタジアムが歓喜の渦に包まれた。もちろん、今日のヒーローは、チームに勝利を呼び込んだ高木選手だ。

高木選手は「良い形は作れていたが、最後の場面で決め切れない。試合の流れとしては、難しい展開だった。1点でも持って行かれたら、もっと難しくなると思った」と話した。

柏に流れの中からチャンスを作らせずに、しっかりとリスクマネジメントをしながら前線から嵌めこむ守備から、ボールを奪うとオフザボールの連携したスペースを作り使う豊富な運動量をチームとして非常にバランスが良く取れていた。

「今日の浦和は完成されているって大谷さんに言われた」と試合後に宇賀神選手が嬉しそうに話していた。また、ミシャ監督も「ピッチ上で繰り広げられた闘いは、スコア以上に出来の良いゲームだった」と笑みを浮かべ「今日の勝利の半分は、後押ししてくれたサポーターの力によるものであり、もう半分は、選手たちの力によるものだ。後押ししてくれたサポーターに感謝したい」と話した。

主導権を握り、チャンスを作り続けてもゴールが決まらないと、攻め疲れや焦りが出て来る。今日は、ピッチはもちろんだが浦和を愛する人々が同じイメージで闘い、そこには焦りのムードも攻め疲れの雰囲気も生まれる余地は無かった。ホーム埼玉スタジアム全体の雰囲気で勝利の女神が、高木選手のゴールを運んで来てくれたように思える。

(残り 3347文字/全文: 3954文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ