浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】吉田監督「もっともっとやらなきゃいけない」<吉田監督、長船、加藤、臼井、清家、石井コメントあり>(2015/9/14)

吉田監督「もっともっとやらなきゃいけない」

エキサイティングシリーズを迎えるにあたり、レギュラーシリーズは6位以内が必須条件である。岡山との直接対決で敗戦すれば、厳しい状況に追い込まれるところであった。試合後、吉田靖監督は「手応えは出てきて、チャンスも作れた。ただ、日テレやINACに勝つにはもっともっとやらなきゃいけない。この後の対戦カードを考えると、新潟も湯郷も下位と当たる」と険しい表情を浮かべた。

吉田監督は試合を振り返り「攻撃がスムーズになった。もう1点獲って、落ち着きたかった。宮間は、世界でもトップクラスの選手だ。フリーにしないように、ボールを触らせるな!とみんなに伝えた。彼女がボールを持つと攻撃の起点になる。湯郷で一番フリーにしてはいけない選手だった。フリーにさせないことが重要だった」と話した。そして、5DFにして逃げ切ったことに関しては「最後は、守り切る。押し込まれたが、ピンチにならなかった。DFラインに長船が入って安定した。最後は守り切る!選手たちには、もしも勝っていたら、徹底的に守る。攻撃の良い形が作れないが、守ることを言っていた。良くやってくれたと思う」と笑みが零れた。

(残り 1519文字/全文: 2018文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ