浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】平川「怪我無く90分間、走れたことは良かった」<平川、橋本、岡本コメントあり>(2015/10/4)

TAK_2939

平川「怪我無く90分間、走れたことは良かった」

平川忠亮選手は「一番は、90分通して闘えるコンディションと自分の役割に徹することを意識した。怪我無く90分間、走れたことは良かった」と笑みを見せたが、急に険しい表情を浮かべて「いくらユースの選手がメンバーに入ったからと言っても、負けてはいけない試合だった。勝ちに拘りながら遣っていたし、アピールのチャンスだったのに、残念だ。大学生は、走れるし戦術も規律もしっかりしていて、良いトレーニングマッチが出来た。ただ、ユースの選手のミスを恐れても仕方ないし、ミスしても切り替えてやり直すことを考えてプレーした。若手も学んで経験を積んで行けば良い。自分の中では、裏へのボールを出せるタイミングで走らないといけない。裏かサイドを使うか確認出来た。良い90分だった」とベテランらしく話していた。

(残り 966文字/全文: 1329文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ