浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】流通経済大学体育局サッカー部との練習試合は1-2で破れる(2015/10/4)

TAK_2874

チャレンジすることが大事だった練習試合

今年最後の一鳴きなのか「つくづく惜しい」とツクツクボウシの声が、大原に虚しく響く10月4日。気温が28℃まで上がり、汗ばむ陽気とり晴れ渡った秋空の下、11時から流通経済大学との練習試合がはじまった。

前日の鳥栖戦に出場したメンバーは高木俊幸選手と青木拓矢を除き、練習試合のアップが行なわれているピッチの傍らでクールダウンを行なっていた。また、やっと復帰を果たした岩舘直選手と石原直樹選手は、まだ試合に臨める状況ではないために別メニューとなった。李忠成選手は腰痛のため、茂木力也選手はU22選抜でJ3盛岡と対戦のために不在であった。

TAK_2798

アップ中に青木選手が足に違和感が出て、ここは大事をとって練習試合を回避し、ボランチに急遽ではあったがユースの影森宇京選手(高校3年生)が鈴木啓太選手とコンビを組むこととなった。メンバーが足りないために前線のワントップには、背番号27番を付けたユースの渡邉陽選手(高校2年生)が務め、シャドーに斉藤翔太選手が起用された。

(残り 1505文字/全文: 1947文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ