浦和フットボール通信

MENU

【取扱説明書コラム】遠藤航「攻守両面で力を発揮できる柔軟性は浦和の大きな戦力になる」(林遼平)(2016/1/6)

SHI_0475

浦和レッズに2016シーズンから新加入する選手はどんな選手なのか。前所属チームの番記者による取扱説明書的コラムをお送りします。第1弾は、湘南ベルマーレから移籍してきた遠藤航選手。

攻守両面で力を発揮できる柔軟戦は浦和にとって大きな戦力となる

ユース時代から数えて8年の歳月を共に過ごしてきた湘南との別れは、遠藤航にとって決して簡単な選択ではなかった。それでも遠藤は自らのキャリアアップとして、より高いレベルを目指し浦和への移籍を決断した。

運動量や球際の強さ、メンタル面の強さといった、サッカー選手が兼ね備えるべき芯となる部分で非凡な能力を見せるのが遠藤の最大の魅力だ。最終ラインならどこでもプレー可能なポリバレントな能力に加え、近年ではリオ五輪を目指すU-23日本代表やロシアW杯を目指すA代表ではボランチを任されるなど、高い戦術眼と適応力で多くのポジションをこなすことができる。178センチというDFでは比較的小柄な体格ではあるが、非凡な身体能力と相手のプレーを読む力で柔軟に対応。ボール奪取力にも優れ、セットプレーでは打点の高いヘッドを見せるなど、おおよそディフェンダーに求められる能力を高いレベルで備えている。

(残り 1291文字/全文: 1797文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ