浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】プレナスなでしこリーグ1部・第4節 vsコノミヤ・スペランツァ大阪高槻<加藤、後藤、吉良、北川、清家コメントあり>

今日のポイント!

CKからのセットプレーで失点する前までは、サイドチェンジからボールサイドの2列目の加藤千佳選手か塩越柚歩選手が中にポジションを取り、サイドバックの北川ひかる選手か乗松瑠華選手がオーバラップしてバランスの良い攻撃の組み立てが出来ていた。しかし、失点してから若さゆえの焦りがチームに出てしまい縦に急ぎ過ぎてバランスを崩してしまった。

加藤千佳選手は「勝てていないのが大きい。今日、立ち上がりから良い形が出来ていたのに1点が遠い」と話し、高畑志帆選手は「攻め急いで、失点を重ねた。先にボールを触る。個々で勝たないとチームとして良い方向にいかない」と険しい表情を浮かべていた。

大阪高槻に先制点を獲られ、浦和は自滅してしまった。立ち上がりから見せていた攻撃が先制点により崩れたのが、本当に残念でならない。焦らず、慌てずにゲームをコントロールする力があれば逆転が出来たはずだ。

キャプテン後藤三知選手は「相手の戦い方のポイントを押さえて準備したことが、勝ちに繋がっていない。どれだけピッチで闘い、どれだけ走れるか・・・。上回る気持ちで準備して行きたい。自分たちが自信をなくしたらダメだ」と気合いを入れ直していた。

吉田監督も「後ろ向きにならず、前を向いて自信を持たす」と力強く話した。

1勝が遠く、大阪高槻に破れ最下位に沈む。

浦和駒場スタジアムの上空を駆け抜けるように、雲が流れていった。雨が降ったり止んだりと強風が吹き荒れる春の嵐となった4月17日。今シーズンの初勝利を目指して、浦和はレッズレディースは、3連敗中のコノミヤ・スペランツァ大阪高槻をホームに向かえた。

前節の長野戦でチームの中心である猶本光選手が左足首を捻挫したため、長野風花選手と柴田華絵選手のダブルボランチに置き、塩越柚歩選手を初先発で右の2列目で起用した。吉田靖監督は「柴田を中で使って、点を獲る長野の展開に期待した」と話した。

コイントスに勝った浦和は、風上を選択し前半から勝負に出た。試合開始早々の2分、北川ひかる選手のドリブル突破から塩越選手がヘディングシュート!

8分には、柴田選手の折り返しに吉良知夏選手が合わせてゴール右上を狙い、続く11分にはこぼれ球を拾った長野選手から加藤千佳選手へ、加藤選手のアーリークロスをファーサイドで吉良選手がヘディングシュートを放つも枠を捉えることが出来ずにいた。

(残り 1546文字/全文: 2531文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ