浦和フットボール通信

MENU

【レッズレディース試合レビュー】2016プレナスなでしこリーグ1部 第11節vs AC長野パルセイロ・レディース<筏井、平尾、高畑、長船、山守、吉田監督コメントあり>

Report by 河合貴子

最下位脱出ならず

梅雨入りしたように少し蒸し暑さを感じる5月28日。第10節を終えた現在、首位を走る日テレは勝ち点23である。それを追従するようにINAC神戸、ベガルタ仙台、AC長野パルセイロ・レディースと勝ち点19で並び得失点差で長野が4位である。浦和レッズレディースは、2勝1分け勝ち点7で最下位と厳しい状況におかれている。

初のなでしこ1部リーグでも健闘している長野をホーム浦和駒場スタジアムに迎えた。長野には、元浦和選手だったキャプテンマークを付けるDF坂本理保選手を中心に、トップ下にはMF斉藤あかね選手、ツートップの一角をFW泊志穂選手がスターティングメンバーに名を連ね初の古巣対決となった。

浦和は、前節の新潟戦に0-1で敗戦を喫したものの3DFにシステムチェンジが機能したことを受けて、トップ下に柴田華絵選手を起用した3-5-2と攻撃的な姿勢で挑んだ。

浦和のキックオフで始まった試合は、立ち上がりからサイドの数的優位を利用して浦和が攻め込んで行った。

2分、北川ひかる選手のクロスにゴール中央で吉良知夏選手が狙うも合わず、ファーサイドで合わせた柴田選手のシュートは枠を捉えることが出来なかった。

吉田靖監督は「ツートップに横山がいるので、厳しく対応するためにDFを1枚増やした。3-5-2で中央を押えて、サイドを高く取った。ワイドから良い形で作れた」とゲームの入り方には手応えを感じていた。

しかし、10分を過ぎると徐々に流れは長野のペースへと変わっていった。筏井りさ選手は「サイドの仕掛けが上手く行って、前に差し込めた。だが、相手のトップにボールが、セカンドを拾われ、相手の反応も早く相手のペースになってしまった」と話した。長野に押し込まれるとDFラインも下がり気味になり、ボールをインターセプトしてもなかなか展開するのが難しい状況になってしまった。

(残り 1361文字/全文: 2151文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ