浦和フットボール通信

MENU

ハイライト動画付き 【河合貴子の試合レビュー】2016Jリーグ1stステージ第15節vs鹿島アントラーズ<武藤、梅崎、森脇、西川、宇賀神、駒井コメントあり>

上位対決の大一番、鹿島に完敗

Jリーグ1stステージ優勝戦線に生き残りをかけた大一番、暫定2位の鹿島をホーム埼玉スタジアムに迎えた試合に、今シーズン初の5万人(51,674人)を越える人々が勝敗の行方を見守り、選手入場と共に、鹿島戦の勝利を信じ浦和のゴール裏は『URAWA』のビジュアルサポート(コレオグラフィー)が出現して選手を鼓舞した。

浦和のキックオフで始まった試合は、浦和が前に行く攻撃的な姿勢を見せるも最初にチャンス作ったのは鹿島であった。4分に土居聖真選手がゴール向かって左のペナルティーアークすぐ横で倒されてFKを獲得。小笠原満男選手が直接FKを狙って来たが枠を捉えることが出来なかった。

(残り 2199文字/全文: 2541文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ