浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー・今日のポイント】カップ戦で気持ちが切り替わり、闘う姿勢が前面に出て快勝

今日のポイント!

リーグ戦で自信を失っていた浦和の選手たちに笑顔が戻って来た。ピッチでは、本当に楽しそうにノビノビとサッカーをしていた。

吉田監督は「いろんなプレッシャーを受けて消極的になっていた。カップ戦になって、気持ちも切り替わっていた。負けても良いから、思い切ってミスしても良いからやろう」と選手たちに声を掛けてピッチへと送り出していた。

本来、浦和が持っている前線から嵌め込む連動した守備が上手く行き、攻守の切り替えも良かった。そして、何よりも気持ちが籠もったプレーがピッチの中に沢山溢れていた。

浦和が放ったシュートは、前半10本、後半12本。対する岡山は、前半1本、後半0本であった。岡山のキープレーヤー宮間選手がいなかったが、力差の見せつけられたのは、ミスを恐れずに、闘う姿勢を前面に出したメンタルだ。

(残り 182文字/全文: 536文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ