浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ1stステージ第17節・ヴィッセル神戸<平川、那須、李、興梠、駒井、高橋(神戸)、青木、梅崎、両監督コメントあり>

過密日程5連戦の最後、神戸戦に勝利し1stステージを締めくくった

日中は、雲の隙間から青空が顔を覗かせた6月25日。1stステージ優勝は、鹿島か川崎の2チームに絞り込まれ最終節を迎えた。最終節の神戸戦に勝っても負けても3位が確定している浦和の記者室は、物静かでガランとして浦和が置かれた立場の現実を突きつけていた。しかし、年間首位を目指す浦和にとっては、勝ち点3をコツコツと積み上げていく大切な一戦である。6試合連続未勝利が続く神戸をホーム埼玉スタジアムで迎え撃った。

累積で出場停止処分となった槙野智章選手を欠き、内転筋に張りがある宇賀神友弥選手は大事をとってベンチ外とした。試合前日練習では、右のストッパーを平川忠亮選手、左のストッパーを森脇良太選手を起用して後方からの攻撃の組み立て練習をしていた。しかし、試合では、遠藤航選手も右ストッパーとし3DFの真ん中を那須大亮選手に任せた。

平川選手は「セットプレーも必要で、マキ(槙野選手)もいない。高さが必要だったと思う。監督の選択を尊重している。何よりも、今日出場した選手たちは、素晴らしいプレーをしてくれた」と晴れやかな笑顔を見せていた。

(残り 2434文字/全文: 2971文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ