浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】最後は冷静に闘う、右からカットイン!クロスは任せた梅崎司選手

TAK_5329_R

リオデジャネイロオリンピックサッカー日本代表のために不在となった遠藤航選手のポジションは、那須大亮選手が確定と言える。同じく不在の興梠慎三選手のポジションは、ズラタン選手と李忠成選手が名乗りを上げている。出場停止となった宇賀神友弥選手のポジションを関根貴大選手が、任せれて今週は練習をしてきた。逆に、シャドーの一角と右のワイドのポジション争いが熾烈だ。

水曜日は、李選手のワントップ。武藤雄樹選手と梅崎司選手のシャドー。右ワイドは駒井善成選手。木曜日はズラタン選手のワントップと変わりシャドーと右ワイドは代わらず、試合前日練習の金曜日はズラタン選手のワントップ、武藤選手と高木俊幸選手のシャドー。右ワイドは梅崎選手であった。

今週の練習を観てきて、動きが良く調子の良い選手が次の日には必ずスタメン組に入っている。シャドーでも右ワイドでも一環して今週良い動きを魅せていたのは、梅崎選手であった。

(残り 523文字/全文: 917文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ