浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】猛暑の中で、多様な4ゴール。ホーム500試合を勝利で決める。

今日のポイント

2ndステージ第7節となる湘南戦は、J1、J2、ナビスコカップ、ACL公式戦を合わせたホーム500試合となる節目の試合であった。また、柏木陽介選手がJ1通算300試合となる。浦和は、記念試合とか相手チームの連敗記録など記録更新が掛かる試合に何故か負けてきた。だが、それは過去の話であって、今の浦和には底力があった。
前節の甲府戦も暑さの中で過酷な試合であったが、湘南戦はその暑さを上回るほどの暑さであった。攻守の切り替えも早く、豊富な運動量で走る湘南に走り負けないこと、相手が前から来ても上手くいなすことが勝利へのポイントであった。

この過酷な猛暑の中でがむしゃらに走るだけでは勝てない。どこで攻撃のスイッチを入れて体力を使うのか、また無駄な体力を使わずに効率良くゴールを奪うことが出来るかが、猛暑の中で勝利への鍵であった。

西川周作選手は「暑い中で繋いで攻めることも大事が、一発で入るのも大事だ。上手く使い分けた」と話し、前半8分の西川選手のアシストで先制した関根貴大選手のゴールを「省エネゴール」と嬉しそうであった。

(残り 350文字/全文: 814文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ